カーペットラグマットクリーニング宅配 絨毯クリーニングなら

クリーニングのデア 絨毯工房

絨毯・カーペット・ラグ・マット クリーニングの繁忙期

絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)クリーニングで、夏の初めにクリーニングに出す方が多いのは、夏にカーペットを敷いておくには、さすがに暑苦しく感じるからでしょう。
また、秋になってからクリーニングに出す方は、しまって置いたじゅうたんを、冬に備えてクリーニングに出しておこうと思うからなのでしょうか。

絨毯

衣類のクリーニングは、衣替えの季節が始ま4月からですが、絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)などが、クリーニング工場にやってくるのは、6月の梅雨の季節に入ってからです。衣類よりもかなり遅れてやってきます。
そして絨毯クリーニングの繁忙期は夏を過ぎて秋まで続きます。
絨毯クリーニングの繁忙期

こうして絨毯クリーニング工場にやってきたカーペットは、たためるものはたたんで、巻いたものは巻いた状態で、順番待ちの間、保管されクリーニングを待ちます。

絨毯クリーニングの繁忙期

クリーニングのデアの絨毯クリーニング方法の特徴は、一言で言うと100%天然石けんを使って、大量の水で洗い流すことです。
一般のカーペットクリーニングは、乾いたカーペットに合成洗剤溶剤をかけて、ブラッシングして、少量の水を掛けながら吸い取るという「シャンプー洗い」と言われるクリーニング方法です。表面の汚れは取れるかもしれませんが、厚みのあるカーペットの中までキレイになりません。それにすすぎが充分に行われないので、洗剤が残ってしまいます。
それが合成洗剤の場合、肌に触れると肌荒れや、アトピーの原因ともなってしまいます。
赤ちゃんのハイハイなどできません。

絨毯クリーニングの繁忙期

絨毯、カーぺットに沈殿したホコリや匂いはまめに掃除機で掃除をしていても、決して取れるものではありません。
これは、水で洗い流すのが一番です。それに天然石けんは合成洗剤に較べて洗浄力が高く。匂いの除去には最も効果があります。

絨毯を水洗い

柔らいブラシのついたポリッシャーで、洗浄したあと、大量の水で洗い流します。
この大量の水で何度も洗い流すことは、絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)クリーニングにとって大切なことなのです。それは汚れや洗剤を洗い流すだけでなく、カーペットの中に入り込んだホコリの固まりまでを流してくれるからです。

絨毯手作業で点検

洗い流し作業が終わると、絨毯に汚れが残っていないかをすみずみまで点検します。

絨毯のシミ抜き

汚れのあるところを、手洗いでしみ抜きをします。血液などは、酵素剤で除去し、変色しているものは、漂白作業を致します。
しかし、絨毯のシミは繊維の奥の方まで染みこんでいることが多く、取りきれないこともあります。

絨毯房の手洗い

仕上げの房(フリンジ)を洗います。ポリッシャーでは充分に洗えないので、丹念にブラシを掛けていきます。

絨毯クリーニングの繁忙期

そして最後にまた大量の水で洗い流します。
これで、絨毯の中にいる大量のダニやホコリ、砂のようなものまで洗い流してしまうのです。
この洗浄方法でお客様に一番喜ばれるのは、絨毯にしみついた匂いが取れるといった意見でしょうか。

絨毯 水洗い

そして最後はカーペットの乾燥です。

絨毯の乾燥

カーペットの乾燥は、その種類、素材によって低温乾燥室に入れられるものと、自然乾燥されるものに分けられます。ペルシャじゅうたんなどのウールやシルク素材は自然乾燥します。
ウールやシルクは熱に弱く、縮みなどの伸縮を起こして型くずれしてしまうからです。

絨毯クリーニング

絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)クリーニングの料金はこちら

デアの宅配クリーニングで絨毯をキレイに!

暮らしをパッと華やかにしてくれる絨毯。 でも、おしゃれな絨毯はお手入れに苦労します。 そんな時に便利・・続きを読む

絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)は高級なものに関わらず、乾燥で高熱をかけると縮んだり変形したりしてしまいますので、原則は自然乾燥、梅雨の時期などは60度以下の乾燥室で低温乾燥します。

絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)クリーニングの実際を紹介しましょう。 大量の水で丸洗い ・・続きを読む

ダニ退治にはカーペットを丸ごと水洗いして洗い流してしまうのが最も良い方法です。 そしてわずかでも残ったダニは乾燥室の温度で100%死に絶えます。

絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)のお手入れ カーペットなどの敷物は住まいの中でも汚れが一・・続きを読む

Copyright 2003-2015 Atdea Co.Ltd Allright Reserved