カーペットラグマットクリーニング宅配 絨毯クリーニングなら

クリーニングのデア 絨毯工房

絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)は高級なものに関わらず、乾燥で高熱をかけると縮んだり変形したりしてしまいますので、原則は自然乾燥、梅雨の時期などは60度以下の乾燥室で低温乾燥します。

絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)クリーニングの実際を紹介しましょう。 大量の水で丸洗い IMG_3697b クリーニングのデアの絨毯・カーペット工場には様々なラグが入ってきます。 他のほとんどのカーペットクリーニング工場は、お宅訪問して洗うハウスクリーニングと変わらないシャンプー洗いですが、デアではすべて大量の水で洗い流します。 厚みのあるカーペットの汚れはとれない。しかも残留洗剤が残ります。 天然石けんを使い、合成洗剤は一切使わない DSC_2057b ラグクリーニングの洗浄剤は、天然石けんです。アレルギーを引き起こすと言われている合成洗剤は使いません。 IMG_3694b まず水をかけた絨毯に電動ブラシでブラッシングして汚れを落としていきます。絨毯は1点1点洗いますので、他の汚れた絨毯と一緒になることはありません。 IMG_3477b 大きな絨毯は電動ブラシで、房(フリンジ)は石鹸を泡たて、手で丹念にブラシをかけます。房は絡まり、切れることがあるので慎重に洗います。 ゆすぎは大量の水で、なんどもくり返す IMG_3707b ブラッシングが終われば、大量の水をかけてゆすぎます。 脱水機は使わない。本場イラン方式で IMG_3711b クワ金具の先が丸くなったクワのような道具で水を切ります。これが脱水です。 脱水機には入れません。繊維を傷つけることなく、おもしろいほど水を切ります。 IMG_3714b ゆすぎ、脱水をくり返すしてきれいな絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)に 脱水してまた水をかけます。これがイラン式の絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)の脱水方法で、型くずれなどありません。作業しているのはペルシャ絨毯本場イランからやってきた絨毯職人です。 IMG_3712b また水を切って、水をかけ、3回くり返します。 他の絨毯クリーニング工場のシャンプー洗いでは合成洗剤が必ず残っていますが、石けんで洗浄しているデアでもここまで十分にゆすぎを行うのです。 IMG_3731b     しみ抜きはていねいに 絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)には、食べ汚し、飲料をこぼした、ペットのおしっこなどの汚れがついたものが多くあります。部分的なよごれのしみ抜きを行います。パイルの色の薄い部分は特に目だちます。 IMG_3722b しみ抜き剤と漂白剤をかけて作業します。 中まで汚れが浸透しているので時間がかかります。変色してしまっているものは漂白しますが、何年も経ってしまっているものは十分取れないことがあります。 IMG_3730b しみ抜きの後も、最後にもういちど洗い流し、クワで脱水して洗いの作業完了です。 IMG_3736b カーペットが洗い終わりました。 IMG_3737b 絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)は高級なものに関わらず、乾燥で高熱をかけると縮んだり変形したりしてしまいますので、原則は自然乾燥、梅雨の時期などは60度以下の乾燥室で低温乾燥します。 こうした手間ひまかけることで、絨毯クリーニングは高品質なものになっていくのです。 絨毯クリーニングのデア  クリーニング料金はこちら

ペルシャ絨毯クリーニングは専門店で!天然石鹸と大量の水で洗います

 暑さも本番。ペルシャ絨毯をはじめオリエンタルカーペットが、今年も続々と届く季節となりまし・・続きを読む絨毯束

絨毯についたホコリやゴミは、水で洗い流すことによって取れますが、カーペットの中に入ったものは流しきれないことがあり。この機械で浮き上がらせて掃除機で吸い取ります。同時に毛並みをブラシアップしてそろえます。

絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)クリーニングの仕上げ 絨毯クリーニングのデアの絨毯(じゅ・・続きを読む

絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)の種類 タフテッドカーペット(tufted carpet)

タフテッドカーペット タフテッドカーペットとは、タフテッドマシンによって、基布にパイルを刺し込む刺繍・・続きを読むtufted2b

Copyright 2003-2015 Atdea Co.Ltd Allright Reserved