カーペットラグマットクリーニング宅配 絨毯クリーニングなら

クリーニングのデア 絨毯工房

玄関先まで集荷・集配OK! 全国宅配クリーニング

アクセントラグ 

acsent 

お部屋の「アクセント」ラグ

アクセントラグはお部屋のインテリアとして、ソファの側などに敷いて楽しむもの。 部屋のデザインにアクセントを付けるという事から、この名前が一般的になりました。 部屋のアクセントになるカーペット(絨毯・ラグ・マット)であれば、薄い平織りのカーペットであろうが、 ウイルトン、シャギーであろうがまたペルシャであってもアクセントラグということが出来ます。 一般的には厚めのカーペットで約200×140㎝のサイズのものが多く重いカーペットです。 裏張りと表面のパイル(布地)を接着するために、水溶性ラテックスという接着剤を使用しています。 アクセントラグに限らず、大多数のカーペット・ラグは、裏張りと表面のパイル(布地)を接着するために、 水溶性ラテックスという接着剤を使用しており、 時間経過とともに加水分解を起こして退化し、砂のような細かい接着剤の残骸が出てきます。 あたかも砂のように見えますが、決して砂やほこりではありません。 こうした物をカーペット(絨毯・ラグ・マット)を洗うと、さらに粉が出て来てしまいます。 これはクリーニングでは洗い流すことは不可能です。 家庭で使っている分は、カーペット(絨毯・ラグ・マット)の生地の中に入っているので、目立たなく、 クリーニングから帰ってきたら粉だらけということもあり、お客様とのトラブルの原因となります。 カーペットと絨毯の呼び方の違い 絨毯は比較的、値段が高い物。 カーペットは安い物と俗に言われたりしますが、カーペット(carpet) も 絨緞(じゆうたん)も本来は同じものです。 絨毯の絨とは、毛織物を指し、糸偏に戎(えびす)で、西方の蛮族の織物がその由来ともいわれてます。 「毯」は毛+炎で、ほのおのようにけばだつ、けむしろの意味をあらわすそうです。 英語のcarpetの語源は ラテン語のカルペレ(carpere =毛をむしる)にあるそうです。 ペルシャなど手織りは一般的には「カーペット」とは呼ばないようです。 カーペットとラグに呼び方の違い ラグは小さめで、厚手の敷物で、敷きつめないで部分的に敷くものを指します。 一般的には以下のようにサイズで分けて分類しているようです。 1畳まで: マット  1畳から3畳まで:ラグ  3畳以上:カーペット(絨毯) 残留洗剤無し!安心安全の丸洗い! カーペット(絨毯・ラグ)クリーニング 

シャギーラグ・カーペットshaggy rug carpet

柔らかい感触のシャギーラグ・カーペット シャギーカーペットは、ふっくらした肌触りが特徴のカーペットで・・・続きを読む

オリエントの生活の知恵から生まれた絨毯・カーペット・ラグ。ドライクリーニングは出来ませんし、水洗いでも、洗い、脱水、乾燥まで機械で処理することは出来ません。 一点一点細かいところをチェックしながら手洗い、自然乾燥が原則です。 

オリエントの生活の知恵から生まれた絨毯・カーペット・ラグ <ギャベ> ギャベと呼ばれる敷物は、ペルシ・・・続きを読む

アキスミンスターカーペット(axminster carpet)

機械織りの最高級カーペット アキスミンスターカーペットは、ウィルトン・カーペットと同じ製法の機械織り・・・続きを読む

Copyright 2003-2015 Atdea Co.Ltd Allright Reserved