カーペットラグマットクリーニング宅配 絨毯クリーニングなら

クリーニングのデア 絨毯工房

アキスミンスターカーペット(axminster carpet)

機械織りの最高級カーペット

axminster2 アキスミンスターカーペットは、ウィルトン・カーペットと同じ製法の機械織りカーペットですが、たくさんの色糸を用いて、多色使いができる機械織りカーペット。 一本一本パイルを切断して織られた、多彩で複雑な柄を特色とする、機械織りのデザインカーペットとして知られています。 アキスミンスターカーペットは、イギリスのアキスミンスター地方で発達したため、この名が付けられています。   axminster1 アキスミンスターカーペットは、製法の違いによって、「グリッパー式」と「スプール式」に分けられます。 「グリッパー式」は8色~12色、「スプール式」の色遣いは無制限です。 この製法の一番の特徴は、ひと羽ごとにキャリアとグリッパー(鳥の嘴)という装置があることです。 紋紙とジャガード装置の指示によりキャリアが上下運動し、必要な色のパイル糸を横一列に並べます。 それをグリッパーが必要な長さだけつまみ出し、切り揃えたのち地組織に挿入するという仕組みです。   axminster 糸の色数は大体8色で、 ジャカード機を用い、各色の先端をキャリアーという金具の目に通します。 筬1羽にキャリアー1個ずつ備える。ジャカードの紋紙の穴によって、キャリアーの位置が定まります。 織前に、鳥の嘴のような形のグリッパーが筬羽ごとに備え て、一定の高さで、パイル糸の先端をつかんで引き出します。 パイル長にしたがって、シャーリングの刃で剪毛して、 織物の地組織の中にさし込み、ヨコ糸を挿入、次にグリッパーを上部に引きあげたのち、グリッパーを開いて、パ イルを直立させる。これを繰返してカーペットをつくります。 かなり手の込んだカーペットで技術も必要とされるため、機械織りの最高級カーペットととして高級ホテルなどで使用されています。 手入れは、8畳以上の広いものは、丸洗いは出来ません。こまめに掃除機をかけること。クリーニングは専門家によるシャンプー洗いですが、使った洗剤を十分に除去しないとかえって汚れがついてしまいます。 洗剤を使わないでカーペットの丸洗いするカーペット(絨毯・ラグ)クリーニング

絨毯についたホコリやゴミは、水で洗い流すことによって取れますが、カーペットの中に入ったものは流しきれないことがあり。この機械で浮き上がらせて掃除機で吸い取ります。同時に毛並みをブラシアップしてそろえます。

絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)クリーニングの仕上げ 絨毯クリーニングのデアの絨毯(じゅ・・続きを読む

カーペット・絨毯・ラグ・マットのクリーニングの洗い方は、大量の水と天然石鹸で洗うことが、適正な洗い方です。

日本では、カーペットや絨毯を土足で歩くことはほとんどありませんが、廊下などのように拭き掃除はしません・・続きを読むIMG_2661

絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)は、素材が様々で、ウール、麻、シルクの天然素材は高熱では縮みや収縮を起こすことがあります。また合成繊維の場合で網羅時と表地の間に接着剤が使われているので、高温乾燥はできません。

ペルシャ絨毯のクリーニング ほとんどの絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)のクリーニングは、・・続きを読む

Copyright 2003-2015 Atdea Co.Ltd Allright Reserved